避妊薬の飲み方

避妊薬は避妊の目的で使われることが多く、卵巣からの排卵を阻止するものと膣内の精子を殺すものの二種類があります。
前者を「経口避妊薬」と言い、後者を「殺精子薬」と言います。
実際に多く使われているのは前者の方で、正しく服用すればほぼ100パーセントの確率で避妊をすることができるようになっています。
薬には、妊娠した時に体内で分泌される女性ホルモンが含まれています。
そのため、この薬を服用することで体のホルモンバランスを妊娠時と同様の状態にすることができ、排卵が抑制されるというシステムになっています。
排卵抑制だけでなく、着床の抑制などの効果も確認されています。
避妊以外にも、生理周期の変更のためや子宮内膜症の治療のためにも処方されることがあります。

経口避妊薬は、正しい飲み方をすることが大事になる薬です。
薬の効果をしっかりと得るためにも、毎日同じ時間に飲むことが必要です。
月経の第1日目から毎日1錠ずつ、21日間連続で飲み続けます。
そして、21日間飲み続けたら次の7日間は何も飲まないか、薬の成分が入っていない「プラセボ」と呼ばれる偽薬を飲みます。
このようにして服用することで、飲み終えた日の3~4日後くらいに月経が来るという仕組みになっています。

経口避妊薬を手に入れるためには、医者にかかる必要があります。
産婦人科・婦人科、一部の内科で処方してもらえます。
経口避妊薬には飲み始める時期の違いで2種類の薬に分けることができますが、そのどちらを処方してもらえるかは医者の診断によって変わります。
生活スタイルによっても適した薬が違ってくるので、医師に相談することも大事です。
どちらの薬でも同じような効果を得ることができます。

▼オススメの避妊薬について
トリキュラー
しっかり避妊|ピル通販